第100回全国高校野球選手権記念千葉大会

高校野球新着記事

木更津総合―成東 4回裏成東2死三塁、斉藤の適時打でホームに生還し、仲間と笑顔でタッチする太田(左)=ZOZOマリン

敬愛学園-東総工 4回表敬愛学園2死一、三塁、粟生が先制の2点適時打を放つ=ZOZOマリン

成田西陵―旭農 12年ぶりの夏勝利を果たし、喜ぶ成田西陵の下村広幸(中央)と広晃(右から2人目)=ナスパ

安房―翔凜 9回裏翔凜2死一塁、泉谷が右前打を放つ=袖ケ浦市営

渡辺市長に甲子園での活躍を誓う比護主将=27日、木更津市役所駅前庁舎

最後の打者を打ち取り、マウンドで喜ぶ木更津総合の野尻(左)と山中のバッテリー

稲毛―横芝敬愛 9回裏稲毛2死三塁、逆転サヨナラ2ランを放った大和地(中央)を笑顔で迎えるナイン=ナスパ

優勝旗を受け取る木更津総合の比護主将

八千代―市川 1点差で逃げ切り喜びを爆発させる八千代ナイン=ゼットエー



高校野球ドキュメント100

第74回全国高校野球選手権千葉大会で優勝し、選手に胴上げされる拓大紅陵の小枝監督=1992年7月27日、千葉マリン

石井順一に教わった打撃が「原点」と話す谷沢健一=2日、東京都内

「高校野球に後悔はない」と20年前を振り返った多田野数人。現在は日本ハムのプロスカウトを務める=鎌ケ谷市

成田主将の田宮裕涼。「伯父さんたちの背番号2を受け継ぎ、最後の夏が100回大会。運命しか感じない」=成田市

習志野・谷沢の活躍を報じる1965年7月28日の千葉日報

「悔いのないように頑張ってほしい」と千葉の高校球児にエールを送った清田=3月、さいたま市南区



第100回全国高校野球千葉大会

ページ