第100回全国高校野球選手権記念千葉大会

高校野球新着記事

東海大市原望洋-暁星国際 1失点完投し笑顔でハイタッチする東海大市原望洋・須崎(中央)=袖ケ浦市営

千葉敬愛-流山おおたかの森 先発した流山おおたかの森の渡辺=柏の葉

第100回全国高校野球選手権記念東千葉・西千葉大会の組み合わせ抽選会で選手宣誓が決まった昭和学院・井上凱仁主将=20日、千葉市稲毛区の千葉県スポーツ科学センター

千葉敬愛―市船橋 仲間に支えられ引き上げる千葉敬愛・新原=県総合SC

市原-市原八幡 5回裏、マウンドの市原・池田(右)に声を掛ける一塁手米本=ゼットエー

成田―千葉黎明 13―3でコールド勝ちし喜ぶ成田の田宮=ゼットエー

西千葉大会組み合わせ

東海大市原望洋-拓大紅陵 8回表東海大市原望洋1死二塁、魚地が左越え適時三塁打を放ちガッツポーズ=ゼットエー

木更津―君津 3回裏木更津無死一塁、飯塚が二盗を決める。遊撃手江沢=ゼットエー



高校野球ドキュメント100

現在は地元で保険代理業を営む土屋正勝。「仲間と飲むと当時の昔話もいっぱい出てくる。斉藤先生とそういう話ができなかったのが心残り」=旭市

当時の思い出を笑顔で振り返る石井好博=14日、千葉県内

八千代東の初優勝を報じる2009年7月27日の千葉日報

打球直撃から復帰した中央学院の大谷拓海。「ぶっつけ本番でも焦りはない」と自信を見せる=我孫子市

成田主将の田宮裕涼。「伯父さんたちの背番号2を受け継ぎ、最後の夏が100回大会。運命しか感じない」=成田市

第56回全国高校野球選手権で銚子商の初優勝を報じる1974年8月20日の千葉日報



第100回全国高校野球千葉大会

ページ