全仏テニス、奈良は1回戦敗退 錦織はジャンビエと初対戦

  • LINEで送る

女子シングルス1回戦 ボールに追い付けずポイントを取られた奈良くるみ。1回戦突破はならなかった=パリ(共同)

 【パリ共同】テニスの四大大会第2戦、全仏オープンは27日、パリのローランギャロスで開幕し、女子シングルス1回戦で世界ランキング94位の奈良くるみ(安藤証券)は第26シードのバルボラ・ストリコバ(チェコ)に6―1、3―6、4―6で逆転負けした。

 男子シングルス1回戦では右手首故障の影響で昨夏のウィンブルドン選手権以来の四大大会となった第19シードの錦織圭(日清食品)が主催者推薦で世界304位のマキシム・ジャンビエ(フランス)と初対戦。

 クレーコートを舞台に6月10日まで行われ、男女シングルスの優勝賞金は220万ユーロ(約2億8160万円)。