“聖地”にファン150人 「梨神様神社」お引っ越し 船橋ロフト→ららぽーとへ

  • LINEで送る

イベント終了後にファンと記念撮影をするふなっしー=10日、船橋ロフト
イベント終了後にファンと記念撮影をするふなっしー=10日、船橋ロフト

 人気ゆるキャラ、ふなっしー公認の「梨神様神社」お引っ越しイベントが10日、船橋市本町の船橋ロフトで行われた。ふなっしーはお世話になった同店と全国から集まった150人のファンに「感謝感激、梨汁ブシャー」と、あいさつした。

 今月28日をもって閉店する同店最後のイベント。神社は、ふなっしーと店とのコラボ企画として2014年11月に地下1階に設置された。ふなっしーの“聖地”として親しまれ、象徴とする黄色い鳥居の中央には、約80センチの白いひげを生やしたご神体が鎮座。ファンからのお賽(さい)銭は、東日本大震災の遺児を支援する「みちのく未来基金」に寄贈されている。

 引っ越し先は、市内のららぽーとTOKYO-BAY内の「ふなっしーLAND船橋本店」。

 ふなっしーが「船橋ロフトは思い出深い場所。閉店は残念」とあいさつすると、集まったファンからも慣れ親しんだ場所を離れるため、別れを惜しむ声も上がった。移転は17日。参拝は15日まで。同日は二宮神社(船橋市)の田久保美英宮司による神事が執り行われた。